給料明細、ちゃんと見ていますか?理解できていますか?

お金

こんにちは! pandanです

給与明細の内容は理解できていますか?

私は、独身の頃はほとんど見てなかったです

通帳に振り込まれてる手取額だけを見てたぐらいかな

きっと多くの人がそんな感じだと思います

パートで勤務し始めて時給になり、給与明細をしっかり見るようになりました

明細の見方を知ると色んな事が明確になり、社会の色んな仕組みを理解できるようになるので、

しっかり確認するようにしましょう

勤務時間や日数、有休が付いてない!など間違っていることも多々あるので要注意ですよ

私も、年に3.4回は間違ってますって伝えに行ってます

給与明細の見方を知りましょう

自分の明細を確認してみてください   明細は、おおまかに3つに分けてあります

勤怠
勤務状況 出勤日数・有休日数・勤務時間 など

支給
基本給・各種手当

控除
社会保険・税金(所得税 住民税)・その他

この3つの中で、特に  控除  の部分が多くの人が分からない部分でしょう

どうやって控除額が決まっているか気にせず、勝手に引かれるものだから仕方ないという方が

多数じゃないでしょうか

控除の部分は、ふるさと納税やiDeCoなどで節税できる部分です

ちょっと裏技を言うと、4~6月の収入を抑えると社会保険料も少しだけ安くできます

社会保険とは?

社会保険とは、健康保険・厚生年金・介護保険・雇用保険 のことを言います

それぞれを簡単に説明していきますね

健康保険

多くの方が病院を受診すると3割負担で受診できてますよね?

それは、皆さんが健康保険料を支払っているからです

健康保険に加入していない場合、受診料は10割負担になってしまうのです

また、出産一時金は健康保険から支給されます

厚生年金

日本にある公的年金のうちの一つです

会社員・公務員に加入義務があります

条件を満たせば、老齢厚生年金(いわゆる老後にもらう年金)・障害厚生年金・遺族厚生年金を

受け取ることができます

介護保険

介護が必要な状態になったときに介護サービス費用の7~9割を負担してくれる制度です

40歳になると強制加入しなければなりません。

雇用保険

失業したときや休業した場合に必要な給付をしてくれます

傷病手当や育児休業給付金も雇用保険に加入していて、条件がそろえば給付されます

私はパート勤務ですが、雇用保険に入れる勤務状況だったので3人目出産のときにとても助かりました

また、子供からはやり目をうつされて2週間ほど出勤できなかった時も傷病手当を給付してもらえました

社会保険については、簡単に理解できたでしょうか?

次に、税金についてです

給料から控除されている税金は、 所得税 と  住民税 の2種類です

所得税

個人の所得に対してかかる税金です

会社員の方は、概算の金額を毎月天引きされています

そして、12月に年末調整をすると多くの人は多めに払っているので、払いすぎていた分が返ってくるのです
※足りなかった人は、税金を払わなければいけない場合もあります

住民税

住民税も所得によって納税額が変わります

所得税と違うのは、概算ではなく前年の所得をもとにして6月ごろに納税額が決定し天引きされています

住民税・所得税を理解することは、節税にもつながります

今回は簡単に説明しました

最後に

今回は、本当に簡単に説明しました

自分の給料明細にもっと興味を持ちましょう

先ほど書いたように、節税について知るには給料明細の見方は不可欠

お金の知識をつけていくには、自分に関係していることから学んでいくのが一番です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました